国内ドラマ

【公式無料見逃し動画】MIU404(ミュウ)をフルで1話から最新話までフルで全話視聴する方法!星野源×綾野剛W主演の機動捜査隊ドラマ!

にゃびこ
にゃびこ
この記事を読むと、2020年放送の星野源×綾野剛主演、岡田健史や菅田将暉も出演中!豪華キャストドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊を無料で視聴する方法がたった3分でわかるよ!
こんな方は必見!

ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊の1話を見逃してしまった…。

ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊の最新話を今すぐ見たい!

星野源×綾野剛の演技をドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊で1話から最新話までイッキ見したい!

星野源×綾野剛主演ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

結論からお伝えすると、ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊の見逃し動画はParavi(パラビ)で視聴しましょう!

広告なし・CMなし・2週間無料・全話フルで快適に視聴することができます。

Paraviは、本来は有料の動画配信サービスですが、2週間も無料期間が用意されているので、その期間であればどれだけ動画を見てもOK。

にゃびお
にゃびお
もちろん無料期間のうちに解約すれば一切料金はかからないよ!

▼今すぐ視聴するならこちら▼

\国内ドラマ配信数 トップクラス/

 

※無料期間中の解約なら、0円。

ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊の動画配信状況

Paravi以外の、他の動画配信サービス(VOD)も含めたMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)機動捜査隊の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

動画配信サービス 配信状況
Paravi
TVer
U-NEXT ×
Hulu ×
FODプレミアム ×
TSUTAYA TV ×
dTV ×
Amazonプライム ×
AbemaTV ×
TVer(ティーバー)は、TV放送から1週間限定で無料配信されています。
動画再生中は広告やCMが入ってしまいますが、直近の最新話を見逃してしまったとき便利です。

 

▼Paraviの登録方法と解約手順はこちら▼

登録方法を見る
  1. Paraviの公式サイトへアクセス
  2. 「まずは2週間無料体験」ボタンをクリック。
  3. 「メールアドレスでアカウント作成」をクリック。
    ※「Yahoo!ID」「Facebook」「Twiter」「Google」「日経ID」のアカウントを使ってもOK。
  4. 「お名前」を入力。
  5. 「メールアドレス」を入力し、「PINコードを送信」をクリック
  6. 登録したメール宛に送られてくる「PINコード」を確認し、入力。
  7. 好きな「パスワード」と「生年月日」「性別」を選択。
  8. 「支払い方法」を選択。
  9. 利用規約に同意し、登録ボタンをクリック。
  10. 以下の画面が表示されたら登録完了。
にゃびこ
にゃびこ
Paraviの会員登録は3分もあればカンタンに登録ができるよ♪

\国内ドラマ配信数 トップクラス/

※無料期間中の解約なら、0円。

解約手順を見る
  1. Paraviのサイトの右上に表示されている「メニューバー」をクリック。
  2. 「アカウント情報」をクリック。
  3. 「契約プランの確認・解約」をクリック。
  4. 「プランの解約」をクリック
  5. 表示画面を下にスクロールし「解約を続ける」をクリック。
  6. 解約する前に契約内容を確認。
  7. 任意でアンケートに回答し、画面最下部の「解約する」をクリック。
  8. 以下の画面が表示されたら解約完了。
にゃびお
にゃびお
2週間以内の解約であれば課金されないので、無料期間だけ楽しみたい方は解約を忘れないようにね!

\国内ドラマ配信数 トップクラス/


»Paravi公式サイトはこちら

Paraviの概要と特徴

Paravi(パラビ)は、メディアグループ6社(TBS HD、日本経済新聞社、テレビ東京HD、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズ)により公式に提供されている動画配信サービスです。

にゃびお
にゃびお
星野源×綾野剛主演ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊の1話~最終話まで追加料金無しで見放題なんだって!

MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)以外にも、ドラマ、映画、アニメ、バラエティといった様々なジャンルの人気作品が配信中!に加え、他の動画配信サービスでは配信されていないParaviオリジナル作品やリアルタイムで放送中のドラマのサブストーリー・特典映像がParavi限定で放送されていることでも有名です。

Paraviでしか見られないファン必見の独占コンテンツが盛りだくさん。それがParavi(パラビ)です。

FODプレミアムなど、他の動画配信サービスの中には、ダウンロード機能が未搭載でインターネットに接続していないと動画が見れないサービスがありますが、ParaviはダウンロードOKなので、スマホでいつでもどこでも視聴・閲覧可能です。

 

Paraviの料金など、主な特徴を以下の表にまとめましたので、ご覧ください。

項目 詳細
月額料金 1,017円(税込)
※無料期間終了後に課金開始
無料期間 2週間
無料期間内の解約 OK
ポイント付与(1ヶ月) 500円チケット
※無料トライアル中はなし
国内ドラマ配信数 トップクラス
にゃびこ
にゃびこ
実は、毎月付与される500円チケットはとってもオトク!

付与されたチケットは、Paraviで配信されている有料の新作映画や話題作などに引き換えられる!ので、無料期間中なのに見放題作品以外の作品まで、実質0円で見れてしまいます。

無料で利用してみた結果、気に入ったら続ければOKですし、無料期間だけで解約もできるので安心です。

Paraviの配信動画

星野源×綾野剛主演ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊の見逃し動画を視聴する以外にも、Paraviでは数多くの作品を見ることができます。

視聴できる主なコンテンツをピックアップしましたので、参考にご覧ください。

今期放送ドラマ

私の家政婦ナギサさん

MIU404(ミュウ404)

半沢直樹1&2(新シリーズ&前作シリーズ)

女子グルメバーガー部

ふろがーる!

私の部下のハルトくん

40万キロかなたの恋

ミュージカルドラマ「とどけ!愛のうた」

人気ドラマ

ブラディ・マンディ

逃げるは恥だが役に立つ

恋はつづくよどこまでも

アンナチュラル

グランメゾン東京

凪のお暇

初めて恋をした日に読む話

天まで届け

tourist(ツーリスト)

人気映画

恋空

兄友

バクマン

娼年

クローズZERO2

この世界から猫が消えたなら

何者

どうしようもない恋の唄

その他人気動画作品

それSnow Manにやらせて下さい

パパジャニWEST

水曜日のダウンタウン

マツコの知らない世界

モヤモヤさまぁ~ず

鬼滅の刃

ブラッククローバー

にゃびこ
にゃびこ
ピックアップした作品は本当に一部だよ!どんな作品が見れるのか?もっと知りたい方はParaviの公式サイトで確認してみてね♪

星野源×綾野剛主演ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊のあらすじ・感想(1話~最終回)

ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)機動捜査隊各話のあらすじと感想をここからは見ていきましょう。

「そもそもMIU404を見ようか迷っている…」という方の参考になると思いますので、あなたの気になる話数を開いて読んでみてくださいね。

1話のあらすじ

警視庁が新たな改革をしようと機動捜査隊を4部に増やすことを記者会見で明らかにしました。その隊長「待たされたのは、女性初の桔梗でした。任務は24時間態勢で新規メンバーを増やすことが条件に出されてしまい、候補に上がったのは伊吹でした。事務所も仮の案のため、脇に追いやられてしまいまともな装備や車も用意してもらえず仕舞いだったのです。

伊吹が誰なのか気になり、伊吹の過去の足取りを追いながら、足が早いとだけのことをした得られない志摩でした。不安がる志摩をよそめに、伊吹が志摩のバディとしてメンバーに合流するも、軽いノリに志摩は出会いからイライラが止まりません。

そんな中、パトロール中に煽り運転をしている車を見つけ、職質をかけることになるが、伊吹は暴走してしまい、手を挙げそうになり事態はますます荒れる一方でした。そこに駆けつけた陣馬たちだが、ドライブレコーダーをみつけ事件は、解決するもおばあちゃんが倒れているのを伊吹が見つけ出しました。実は事件はまだ解決していませんでした。

1話の感想(ネタバレあり)

機動捜査隊に観点を置いて作品を作るのは、凄い見る前から期待が多い内容でした。機動捜査隊に新しく4部になったことでメンバーが個性的でリーダーの桔梗が女性初の隊長であるためキツい感じはあるものの、志摩との信頼関係が垣間見れて初めから期待大に感じていました。

伊吹が犯人を足で追いかけるというコメディ感溢れ、皆が噂を本気にしたきっかけであり、そのシーンが一番の見どころです。矢吹がどんな人か知るために志摩が必死になる所で、志摩の細かい性格が現れています。そんな志摩は矢吹を外そうとする所が、本当に外されてしまうのかソワソワして見てしまいます。

一番の謎は九重の存在感でしょう。彼がキャリアで大事にされていきそうなのに、しっかりと指摘する所は指摘されていて、回を増すごとに心を開いていくのかと考えてしまいました。伊吹は警察でありながら、犯罪者の気持ちに寄り添おうとしていて伊吹がかなり優しい人物かと思ってしまいます。

2話のあらすじ

志摩と伊吹は1話で車を壊してしまったため、メロンパンを売る車で移動してるところに、殺人事件発生を聞きます。その時、横を走ってた車の中の女性と目があいます。伊吹は様子がおかしいのを感じ取ります。伊吹は黄緑の袖が見えた事で、殺人事件の犯人である男が隣の車にいる、と志摩に言いますが、志摩はそれだけでは証拠にならないと言います。でも実際は、夫妻は犯人と思しき人物に車の中で本当に脅されていたのでした。

検問のところで、警察官に確かめてもらうものの、犯人と思しき人物に同情し、死んだ息子を重ねた夫婦がかばったことで検問をすり抜けてしまいます。車に乗ってる男は、ぼくは殺してないと主張し、夫婦もそれを信じます。伊吹も「犯人じゃないと思う」と勘で言いますが、冷静な志摩は「やったのを認めたくないからそう言ってる時もある」と言います。果たして、どちらなのか…?

そして富士山の近くのサービスエリアで止まった車から降りてきた男を伊吹と志摩が取り押さえようとしたところ、男を息子と重ねている夫婦が体当たりでかばい、男には逃げられてしまいます。続きは下記のネタバレで!

2話の感想(ネタバレあり)

<ネタバレ>

やはり実際、殺人に手を染めたのは車に乗っていた黄緑色のジャンパーを着た男でした。実家に行ったものの自分を虐待し批判し続けた一番憎い父親はあっさり亡くなっていて、怒りのぶつけどころがない男。上司の言葉に父親を重ね、感情のままに犯行に至ったのでした。自分に謝らず死んだ父親をまだ憎んでましたが、志摩と伊吹に実家でとらえられ、かばってあげられなかった夫婦が「ごめんね」と何回も言う中、夫婦に頭を深々と下げ、男は犯人としてつかまります。

<感想>

最初のメロンパンの車で移動してるのが面白いです。その車しか無かったの?と聞きたくなるような気持ちになりますが、かえって警察の車とは程遠いので逆にいいのかなと思いました。車体も高いから横から見るのではなく見下ろす事が出来るので今回の事件も早くから犯人が乗ってる車を見つけられたように思います。

みんな何かしら過去の後悔やらを持っていて、伊吹も信じてもらえなかったが一人だけいたという話や、夫婦も一人息子を亡くした時に、信じてあげなかったのを後悔してたので今回犯人をかばってあげているし、犯人は父親にひどく叱られた事を誤ってもらってないという怒りで、殺す為に実家に行くけど、もう父親は亡くなっていた。というのでやるせない気持ちに…。

ただ、かわりに夫婦のごめんね。に救われたような気がするので、結果的によかったと思える反面、志摩の取り逃がしてしまった時の夫婦にどこに行ったか?の聞く迫力は説得力がありすぎて、とても印象に残るセリフです。このシーンが2話の中で一番好きです。刑事だから言ってるのでしょうが、命の重さを感じるセリフでした。冷静さの中に温かさを感じました。

3話のあらすじ

警察に助けを求める110番通報がかかってくる事件が相次いで起こる。しかし、警察が駆けつけると犯人らしき人物が全速力で逃げ、被害者も見当たらない。第4機動捜査隊が応援に借り出されることになり、早速走ることに自信がある伊吹が立ち向かうのだが、今回も取り抑えることは出来なかった。

志摩が見た事実は、犯人は4人いて、角を曲がるたびに入れ替わっていたというものだった。防犯カメラから犯人として浮かび上がったのは、近くの高校に通う高校生だった。彼らは高校の陸上部に所属していたのだが、先輩が違法薬物に手を出したことから陸上部が廃部になってしまい、結局3年生になっても大会に出る機会すら失なってしまっていた。

陸上に打ち込んでいた気持ちのやり場をなくした彼らは、走りたいという思いと苛立ちから、警察にいたずら電話をかけ、勝負をするとうゲームに走ることになる。そんなことを繰り返していたある日、仲間として警察に電話をかけていた女子マネージャーが、実際に襲われるという事件が起こってしまう。

3話の感想(ネタバレあり)

自分たちに何も落ち度がないにも関わらず、今まですべてを捧げていたものを突然奪われてしまった若者たちのやるせなさから事件が起こってしまうというストーリーで、大人たちの勝手な都合は、時として子供たちを非行に走らせてしまうこともあるということを感じました。

学校という世界は特に、先生がすべての主導権を握っていて、子供たちの思いはどこへ行ってしまったのだろうとさえ思います。自分を見失ってしまった子供たちは、戻る術を知らないということもとても怖いです。仲間が危険にさらされたことでようやく自分たちが間違ったことをしていることに気がついた高校生たちですが、もう戻れなくなってしまう人もいる。

人の強さや弱さはそれぞれで、一度過ちを犯すと、二度と立ち直れなくなってしまう人の弱さが怖くなりました。伊吹や志摩が、真剣に高校生たちと向き合って、対等に怒りをぶつけている姿がかっこよかったです。こういった大人がもっと増えてほしいと思いました。

4話のあらすじ

星野源演じる志摩と、綾野剛演じる伊吹が相変わらずメロンパンの販売車に乗ってパトロールをしていました。

たまたま赤信号で停車中に、隣の車の奥さんとやたらと目が合います。違和感を感じた伊吹はなんとなく気になりそのまま追跡。

その後車内には殺人事件を起し、逃走中の容疑者が乗っていることが判明します。その車には子供のお墓参りに行く途中の夫婦が、容疑者にナイフを突きつけられていました。容疑者の男はハウスクリーニング会社で働くとてもまじめな社員でしたが、ひどい仕事のやり方をする専務に抗議し、思わず殺し逃げたとされていました。しかし伊吹はあいつは犯人ではないのかもと言い始めます。

一方あることで自分の息子を信じなかったことから、自殺に追い込んでしまったことを今でも後悔している父親は、容疑者の「おれは殺してない」という言葉を「信じる」と言い、なんとか目的地に連れて行こうとします。しかし伊吹と志摩に捕まりそうになり、その夫婦は容疑者を息子と重ね合わせて逃がしてしまいます。更に追跡する二人。

容疑者は幼い頃から父親に虐待されていたことが、全て自分の人生を台無したと思い、父親を殺しに行くのです。しかしすでに父親は死んでいました。一度でいいから父親に謝ってほしかった容疑者は、どうすることもできないやり場のない気持ちで泣き叫び、伊吹と志摩に専務殺しを自白します。

その後連行されるときに、逃がしてくれたあの父親が「ごめんな」といって謝ってくれたことに、男は深々と頭を下げて車に乗り込むのでした。

4話の感想(ネタバレあり)

終始飄々としている綾野剛さんの演技が、重い内容を和らげています。最後に容疑者に対して、「なんで殺したんだよ。殺しちゃだめなんだよ。」と、どこか犯人をかわいそうに思う気持ちと、殺人をしてはどうすることもできないんだという悔やむ気持ちが本当に強く伝わってきました。

また、犯人役の松下洸平さんの演技も素晴らしく、車内でナイフを突きつけている時の悲しげで申し訳ないような表情や、自分がしてしまった殺人に対してボクがやったんじゃないと思いたい気持ちが交錯し、なんとも複雑な演技を見事にやっていました。
更には、自分を虐待していた父親を殺そうと実家に入ってきた時のおどおどしながらも、最後のけりを付けてやりたいという強い気持ちが伝わってくる迫真の演技。
しかしすでに父親はこの世にいないと知った時の泣き叫ぶ様子に、思わずもらい泣きしてしまいました。

最後に鶴見辰吾が「ごめんな」と言って謝ってくれたことで、すとんと力が抜け、すごく良い表情になって連行されていき、ここで誰もが泣いてしまったのではないでしょうか。第2話は本当にかたときも目が離せないお話でした。これらのお話に更に期待が高まります。

5話のあらすじ

深夜日本人がいるコンビニを狙った強盗事件が多発。志摩(星野源)と伊吹(綾乃剛)は店員に扮して、捜査していたところ、その店にも強盗があらわれる。ほかの店舗にも、同時刻に強盗があらわれ、張り込みをしていた捜査員により19人が一斉に確保された。志摩と伊吹と同じ店舗にいたベトナム人留学生マイは、そのお店の後に、掛け持ちをしている他のコンビニ店舗にて強盗にあい、バックヤードの多額の金まで渡してしまい、犯人は逃げられてしまっていた。犯人は外国人で、多くのベトナム人などの低賃金で働く元技能実習生が多かった。ベトナム人留学生マイは、共犯の疑いがあり、志摩と伊吹の捜査が始まる。

伊吹は恩師の元刑事で、現在は外国人支援センターで働く蒲部(小日向文世)に会いに行った。犯行を促すメールについて「これを書いているのは日本人かもしれない」と指摘。志摩と伊吹は、ベトナム人留学生マイが通う日本語学校の事務員水森(渡辺大知)にも話を聞いていく…

5話の感想(ネタバレあり)

第5話を見て、外国人労働者と国の政策の中で何とも言えないズレを感じ、見終わった後に切ない気持ちになりました。外国人技能実習制度は、2017年に施行されたまだ新しい制度で、外国人留学生のアルバイトは、週28時間という上限がある中で、それだけでは生活は厳しいという状況。外国から100万以上も借金をしてまで、日本に来るのでその返済まで考えたらそれでは全く足りず、掛け持ちを何個も何個もしながらの生活だという現実をドラマを通して知りました。

日本に「Japanese dream」を求めてやってくるのに、低賃金で外国人労働者を活用され、日本で受けるのは最低の扱いだとビールを飲みながらベトナム人留学生マイが伊吹に訴えかけているシーン、また日本語学校の事務員水森が、「外国人はここに来るな。ここはあなたを人間扱いしない」と叫んでいたシーンも印象に残りました。伊吹が「1人だけ信じられる人がいた」と言っていたのが恩師蒲郡の事だったのが分かる反面、志磨が「自分をも信じられない」、「志磨が相棒殺し」と言われる所以が次回以降掘り下げられていきそうなので、ますます目が離せないです。

6話のあらすじ

通りすがりに相棒の志摩が「相棒殺し」だと知った伊吹は、仕事で面と向かって「相棒殺し」と言いました。

しかし、志摩や同僚の陣馬、九重の様子から本当の話だと察します。しかし志摩は真相を教えてくれません。そこで伊吹は九重と共に、真相を探るために、志摩の前の所属先の刑事を訪れます。

更には、酒の席で陣馬、上司の桔梗からも事情を聞くことに成功します。志摩には香坂という名の相棒がいましたがマンションの下で死んでしまったのです。

当時、志摩が香坂を叱責することが何度かありました。二人は連続毒殺事件を追っており、香坂は単独で容疑者の女性の家に上がり込むことになりました。

しかし、そこでタリウムのようなものを飲まされてしまうことになります。焦った香坂は、犯人逮捕に向けて偽装の証拠を作成し、志摩にも犯人逮捕を宣言するのですが、その女性は犯人ではありませんでした。

果たして香坂は自責の念から自殺してしまったのでしょうか?

6話の感想(ネタバレあり)

今回は、MIU404の重要な言葉でもありそうな「相棒」がテーマになっていたように思えました。

伊吹と志摩が思った以上にいい相棒だったので、ずっとずっと一緒に仕事をしていてほしいと願ってしまうほどでした。志摩が過去に何かあったことは前々から分かっていましたが、意外にもあっさりと1話で終わったことにはビックリしました。

しかし、いい意味で期待を裏切られたと思います。

それだけ、最後は涙が出るほどいい関係だと感心しました。いつもクールな志摩は過去をずっと引きずっていたけど、伊吹のお陰で救われたので、これからどんどん、どんどん、二人は活躍してくれるような気がします。

それだけ絆が深まったのではないかと思いました。そんなきっかけを作った伊吹は、とにかくいい奴過ぎると思います。無邪気でストレートで諦めが悪くて考えることをやめなくて、真っ直ぐすぎてカッコよすぎます。そんな伊吹の相棒に対する思いが溢れていました。

7話のあらすじ

猫がトランクルームの前で何かしているシーンから始まります。

トランクルームで男性の遺体が発見されて、志摩と伊吹が急行、発見者に話を聞いたり、トランクルームにいた、ジュリと少女二人に話を聞いているとき、ジュリが遺体が発見されたトランクルームの隣に目線をやったのを見逃さずに、隣のトランクルームを調べることに。何か違和感を感じていたのかそれを見つけるためだったようです。

しかし、トランクルームには何もなく、誰もいない、ため捜査終わりと見せかけて、二人は隠れている人を見つけます。その人はずっとトランクルームにすんでいて、遺体で発見された男性とも顔見知りでした。そして、なんとジュリは弁護士。

少女たちは家出中ということもわかりました。話はかわり、志摩、伊吹の同僚の陣馬さんは、この日は子供の結婚の両家顔合わせのために仕事は休み、いつも身に付けている指名手配リストを家において家族で出掛けます。がその途中で指名手配犯に遭遇、妻、娘に文句を言われながらも、指名手配犯を追うと決め、何も持たずに追いかけます。

トランクルームの遺体も指名手配犯とわかり、陣馬が追う犯人が今回の犯人ではないかということで志摩、伊吹も追います。

7話の感想(ネタバレあり)

いつもの志摩、伊吹に加えて、今回は同僚の陣馬さんが主役のような回でした。

陣馬さんの相棒は今回はゴルフ場からの参戦で困っている仲間をフォローします。チームワークが一層よくなっているように感じられて良かったです。また、今時の要素として、出前太郎が何度も登場し、太郎、太郎とコミカルな感じで面白かったです。

さらに、ジュリ役で登場したりょうさん、なぜ登場したんだろうという不思議もありましたし、最後のダンスもよくやってくれたなぁという印象もありました。一番印象に残っているのが、家出少女たちが知らない男性の家に泊まろうとしているときに伊吹が、やめさせるシーンです。

トランクルームにいた年老いた男性だったら泊めない、女の子だから泊めるんだ といった風に話し、少女たちを大切に思い、守る姿が優しさが警察だからではなく、一人の人として言っている姿がとても素敵でした。最後、犯人と三人で争うアクションもチームワーク抜群で楽しめましたし、陣馬さんが、家族と仲良く合流できたのも良かったです。

〈感想②〉

第7話、犯人がデリバリーサービスの衣装を着て逃走している中で、ほかの配達員のジャンパーをひっくり返して犯人を特定するという構成にスカッとしました。全体を通して1番印象に残ったのは、犯人を伊吹、志摩、陣馬が追い込んだシーンです。アクションが迫力があり今までのヘビーな印象があった回とは違う視点で見られました。痛快爽快なアクションとはこのことを言うんだなと思いました。その拳が言いたいこと、憎しみ、犯人に対する感情様々な気持ちがこもっているようにも感じました。犯人の捕まった時の叫び声は、人の声ではなく何か動物のような訴えかけるようなそんな声だったのも印象的でした。殺した男に砂をかけたのも、一見自殺に偽装したかったのかもしれないが、不自然さに気づく人もいると思うので、もしかしたら罪の意識があったのではないかと感じました。最後の陣馬が顔合わせに登場して話した言葉にも感動しました。こんな人間らしさと警察がいればいいなと思わせるシーンでした。

8話のあらすじ

山中で男性の変死体が見つかり、伊吹と志摩は現場へ急行することになります。遺体の特徴的な創傷と残された文字から、未解決の連続猟奇殺人の可能性が浮上し、事件の捜査は一課の管轄となります。

捜査会議に参加した伊吹と志摩は、そのまま一課の刑事の刈谷の手伝いに駆り出されることとなりました。刈谷と同行し訪れた不自然死究明研究所、通称UDIラボで伊吹と志摩は臨床検査技師の坂本と出会います。

その後、今回の事件の捜査資料を盗み見た伊吹は、複数の前科があった被害男性の最初の事件を担当した刑事が恩師の蒲郡だった事を知ることになります。伊吹と志摩は、蒲郡から得た情報を頼りに犯人を追うことになります。

伊吹は恩人の蒲郡の進む痴呆症を心配して一緒に住もうと提案しました。志摩は、伊吹が何か悲しい出来事に内心気づいているのを悟り初めてらしくもなくオフに自宅に押しかけます。そして事件顛末の結果を無線で聞きながら、機捜の仲間たちが伊吹の悲しみに心を痛め遠くから見守っていました。

8話の感想(ネタバレあり)

最愛の人を失った時に人はどうなってしまうのか、復讐と赦しという深いテーマに、宗教思想や発病や記憶障害など不自然死までが混ざりあった悲しい回だったような気がします。

特に松重豊さんと小日向文世さん登場の8話はピンで映画に出来そうなくらいの神回でした。個人的にはアンナチュラルのクロスオーバーにはやられました。毎回同じ用な内容にならずワクワク感も良いです。

綾野剛さんが走るシーンが好きで、脚本が面白いんだろうなと思いつつ、それを色付けする俳優陣が最高です。みんな役にハマっているのも素晴らしいです。星野源さんと綾野剛さんのコウノドリコンビが最高です。

特に気になったのは、岡田健史さんの演技でした。中学聖日記で一躍有名になったと存じていますが、失礼ながら容姿の人気なのかなとも思っていましたが、全く違いました。まだ演技歴が長くはないはずなのに、素晴らしい俳優陣の中で見劣りしないしむしろ引き込まれる演技です。

もっともっと色々な役で見てみたいです。

9話のあらすじ

桔梗の自宅に盗聴器が仕掛けられた一件が進展する中、伊吹と志摩らのもとに、虚偽通報事件で逃走中の高校生の成川が暴力団の関係先に出入りしているという情報が入りました。

成川を取り逃がしたことに責任を感じていた九重は捜査を志願し、陣馬と共に成川を捜し出そうとします。一方、成川は久住の世話になりながら、ナウチューバ―に接触し、賞金一千万がかけられた羽野麦の捜索を依頼することにしました。

そんな中、桔梗宅への住居侵入事件の主犯が、エトリと繋がりのある辰井組の組員だったことが分かります。関係各所への一斉ガサ入れが決行されます。桔梗はエトリを再び取り逃がすことを恐れ、伊吹と志摩らにエトリにつながる人物を探すように命じました。

志摩と伊吹は、必死で麦を探しました。麦と成川は井戸に沈められていました。一方、桔梗は井戸の場所を特定し消防と合同で麦は無事助けだされました。そして成川を救いあげたのは九重だったのです。

9話の感想(ネタバレあり)

伊吹と志摩の噛み合ってないようで噛み合ってるバディには毎回笑わされます。キャラクター全員に何かしらの過去がある感じも気になるし、彼らのバックボーンが知りたいくなります。

個性的な登場人物も刺さりまくる台詞も丁寧な伏線も全部最高です。1話見終わってからタイトルにはっとさせられるし、繰り返し見たくなるような作品です。小さなきっかけが、ひとつずつスイッチになって知らない間に分岐点を超えて気がついたら向こう側にいる野木亜希子脚本はいつも良いです。

決して毎回ハッピーエンドではないですが、現実世界はいつもハッピーエンドなわけではなくて、理不尽なことがたくさん、たくさんあるしその中で、少しだけわずかな光を残してくれるようなドラマです。主題歌が格好良くて、やっぱり米津玄師さんだった。納得の歌声でぴったりです。リアルでぐさぐさ刺さるし作り手の本気度が伝わります。ドラマが終わっても、次回は映画でも見たいと思いました。

10話のあらすじ

動画投稿サイトのNOW TUBEの動画配信者の特派員RECを使って、久住とインターネットの音声通話で接触した伊吹と志摩でした。音声通話で漏れ伝わってきた音から手がかりをつかんだ2人は、久住の居場所の特定に成功します。

メロンパン号で現場に急行する伊吹と志摩の動きを察知した久住は10台以上の爆弾搭載ドローンを放ち、都内で爆発させるという犯行予告のメールを警視庁と警察庁宛に特派員RECのメールアドレスから送信しました。

その直後、警視庁には爆発に関する通報が殺到します。SNS上にも渋谷や新宿といった街で爆発が起きる映像が次々と投稿された。しかし映像と通報は久住が用意した虚偽のものでした。SNSを通じて爆弾テロが実際に起こった事件として、その情報が一人歩きする中、久住は特派員RECのSNSアカウントを悪用してテロの実行犯はメロンパンの車に偽装と投稿します。

同じ頃、爆発が起きたと通報があった病院にたどり着いた伊吹と志摩は、何事も起きていない現場に呆然とすると、この騒ぎが久住の仕掛けたフェイクであることに気づかされました。

10話の感想(ネタバレあり)

謎の男の久住との頭脳戦が見所で楽しめました。一枚も二枚も上手の久住に翻弄された挙句、ラストでは衝撃の展開を迎える感じも印象的でした。

この作品の細かい演出から、久住の得体の知れない恐ろしさが表現されていて素晴らしいと思いました。菅田将暉さんの凄い演技力の高さも圧巻で久住役は、菅田さんしかできないとも感じました。片時も目が離せない濃密100%以上のストーリーにハラハラ感が込み上げてきました。

苦々しい犯罪事件の中に、どこか笑いもあったり、それが伊吹の魅力でもあったりするのがMIU404の魅力でもあると思えるドラマです。さらに、桔梗と志摩の関係や伊吹の純粋な少年のようなハートの持ち主など久住の頭が良さなど個々のキャラクターの個性的な部分も必見です。

正義は勝つのかそれとも、逃げきってしまうのかあらゆる角度から様々なパターンが浮かんできます。次回の志摩の恋にも少しばかりの進展があったら嬉しい限りです。

11話(最終回)のあらすじ

意識が戻らない陣馬(橋本じゅん)、そして隊長(麻生久美子)は今回の騒動で異動になります。

久住(菅田将暉)を捕まえるには、警察としてルールに乗っ取っていては時間がかかると思った志摩(星野源)は、個人的に特派員REC(渡邊圭祐)に依頼し、ネットで久住の情報を集めます。

その情報を元に志摩は、九重(岡田健史)のコネを使って久住の居場所を突き止めるのでした。
しかし、志摩の行動を怪しんだ伊吹(綾野剛)はバッグに盗聴器を仕掛け情報を得て、志摩より先に久住の元へ向かいます。

久住のクルーザーに入った伊吹は、久住の作っていたドラッグの気体により眠ってしまいました。
後から追いついた志麻も同じくドラッグの気体で意識が遠のいていきます。
久住が伊吹を殺そうとしましたが、志摩は拳銃を所持していました。

しかし、久住のクルーザーには、もう一人いたのです。
その人が志摩に拳銃を突きつけます。
志摩は久住に「発砲したら伊吹は目をさます。その時に俺が死んでたら伊吹はお前を許さない」と言い切るのでした。

発砲の音がし、伊吹が目を覚ましそこには、打たれて辛うじて意識のある志摩がいました。
志摩は、伊吹に殺すなと言いますが、伊吹は久住を銃殺。

そして、陣馬は、目を覚まし伊吹の携帯に連絡が入り、それにより目を覚ました伊吹。
伊吹の目には眠っている志摩がいて、二人は同じ夢を見ていたのでした。

その頃、久住はクルーザーで国外に逃亡を図りますが警察に気づかれクルーザーから降ります。

屋形船に乗った久住を見つけ出した伊吹は、走って橋から屋形船に乗り込みますが、逆に橋を使って地上に逃げた久住を志摩が追い詰めます。

Uターンして来た屋形に乗り込んだ久住は、あえて頭をぶつけ伊吹を陥れようと考えますが、屋形船の客は久住の作ったドーナツEPドラックでラリっていて誰も久住を気にかけないのでした。

志摩と伊吹は、久住を許さない、生きて苦しめといいながら手当てをしました。

その後、陣馬は歩けるまで回復し、九重は、警察庁で出来る改革を提案するのでした。

久住は、身元が分からず黙秘を続けていました。

久住の過去を想像で同情する伊吹に、志摩は
それも嘘かも知れないと、もっと恐ろしい結末を防げたと思おうと言いました。

2020年、オリンピックが中止になった現在。
また間違えるかも知れない二人はそれでもここから頑張るのでした。

11話(最終回)の感想(ネタバレあり)

陣馬さんが目を覚まし九重が泣きじゃくるシーンは泣けました。
家族と上手く行かなかった陣馬さんは、部下に恵まれています。

まさかのバッドエンドからの夢オチにビックリしました。
しかし、伊吹は志摩を殺されたらやっぱり発砲すると思います。
綾野剛さんの熱演が見れて胸が熱くなりました。

途中、久住が言った言葉から津波に巻き込まれて身分証や戸籍を失いヤケになった久住はドラックの世界に身を投じたと伊吹と同じように同情しましたが、久住が黙秘を続ける以上は本当のことはわかりません。

志摩が伊吹にそうとは限らない例えを言っていたのを聞いてハッとしました。
爆破事件や、SNSの警察へのバッシングも同じく思い込みによる撹乱でした。
何が正しくて何が間違えか、冷静でいないとならないとドラマから学びました。

ラストは、現実と同じくコロナに翻弄されながらも仕事する二人。
二人ともスイッチを間違えないようお互い助けながら事件を解決していって欲しいです。

ガマさんが、伊吹を面会拒否したままになったのが心残りでした。

星野源×綾野剛主演ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊出演キャスト一覧

伊吹藍役:綾野剛

志摩一未役:星野源

九重世人役:岡田健史

陣馬耕平役:橋本じゅん

羽野麦役:黒川智花

特派員REC役:渡邊圭祐

糸巻貴志役:金井勇太

男役:菅田将暉

にゃびこ
にゃびこ
ドラマMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)第4機動捜査隊は、Paraviなら無料で見放題だよ♪

\国内ドラマ配信数 トップクラス/

 

※無料期間中の解約なら、0円。

2020年春ドラマ情報(4月~7月期)

今期は面白い動画が目白押し!

当サイトでは、人気のドラマや映画に加え、リアルタイムで放送中の各ドラマを無料で合法的に視聴する方法を分かりやすく解説しています。

各記事では、あらすじやキャスト情報もまとめていますので、視聴ドラマを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

放送日 ドラマ名 出演者
SUITS/スーツ2 織田裕二・中島裕翔
いとしのニーナ 堀田真由・岡田健史
行列の女神~らーめん才遊記~ 黒島結菜・鈴木京香
正しいロックバンドの作り方 藤井流星・神山智洋
私の家政婦ナギサさん 多部未華子・大森南朋
探偵 由利麟太郎 吉川晃司・志尊淳
竜の道 二つの顔の復讐者 玉木宏・高橋一生
映像研には手を出すな! 齋藤飛鳥
ハケンの品格2020 篠原涼子・小泉孝太郎
レンタルなんもしない人 増田貴久
東京ラブストーリー 伊藤健太郎・清原翔
そして、ユリコは一人になった 玉城ティナ
BG〜身辺警護人〜2 木村拓哉・斎藤工
アンサングシンデレラ 石原さとみ・田中圭
警視庁・捜査一課長2020 内藤剛志・斉藤由貴
ギルティ 新川優愛・小池徹平
THE HEAD 山下智久
浦安鉄筋家族 佐藤二朗・水野美紀
明治開化 新十郎探偵帖 福士蒼汰
ディア・ペイシェント 貫地谷しほり・内田有紀
家政夫のミタゾノ 松岡昌宏・伊野尾慧
MIU404ミュウ404 綾野剛・星野源
らせんの迷宮 DNA科学捜査 田中圭・安田顕
捨ててよ、安達さん。 安達祐実
いいね!光源氏くん 千葉雄大・伊藤沙莉
隕石家族 羽田美智子・泉里香
年下彼氏 なにわ男子
鉄の骨 神木隆之介・内野聖陽
未満警察ミッドナイトランナー 中島健人・平野紫耀
M 愛すべき人がいて 安斉かれん・三浦翔平
美食探偵 明智五郎 中村倫也・小芝風花
半沢直樹2020 堺雅人・上戸彩
麒麟がくる 長谷川博己・染谷将太

 

にゃびこ
にゃびこ
Paraviは、今はまだ無料期間が2週間もあるけど、いつ無料トライアルを終了するかは未定!だから、見たい作品があるなら今すぐ使ってみるのがおすすめだよ!
にゃびお
にゃびお
見放題作品はたくさんあるから、せっかくなら他の話題作もたくさん見ちゃおう♪

\MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)を無料視聴するならコチラ/

※今なら2週間、無料。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。